腰痛対策として背筋の筋肉を鍛えてるメリットを解説

運転席にクッションを

レディ

体圧分散で負担を軽減

長時間同じ姿勢を続けますと、腰への負担が大きくなり、健康な人でも腰が痛くなります。これは疲労性の一時的な腰痛ですが、慢性化した場合は後が大変ですから、グッズを使って腰痛対策を行いましょう。特に自動車を運転する場合は、必然的に同じ姿勢をキープするため、腰に不安がある場合や長距離走行を行う際は、腰痛対策を施しておきます。この場合はクッション性に優れ、立体設計でデザインされた腰当てタイプの低反発クッションがおすすめです。低反発クッションなら体圧を適度に分散できるため、体をソフトに包み込んでくれます。腰や背中に優しくフィットしますと、体に掛かる負担も軽減されますので、運転中の腰痛対策になるのです。基本的に腰当てタイプのクッションを選びますが、商品によりましては、座面用や首用など、ほかの部位も個別に販売している場合があります。その際は、座面用や首用も合せて使うことで、さらに効果的な腰痛対策に取り組めます。首の部分にも理想的な角度がありますから、ヘッドレストに装着しますと、腰のS字カーブと共に、より負担の少ない姿勢で運転できることが魅力です。また、自動車用のサポートクッションを選ぶ場合は、竹炭が練り込まれているなど、ニオイが軽減できる消臭加工タイプを選ぶこともポイントになります。運転中は背伸びをしたりすることは不可能に近いですから、腰痛が気になる場合は、腰当てクッションなどで万全の対策を整えておきましょう。