腰痛対策として背筋の筋肉を鍛えてるメリットを解説

家事による腰の負担を軽減

腰痛

調理や浴室掃除で一工夫

ヒトは正しい姿勢で立っていれば、背骨がゆるいS字状の曲線を描くことで、負担を分散できる仕組みになっています。ですが無理な姿勢を続けますと、腰に負担が集まってしまいますから、何らかの対策を行うことが肝心です。特に炊事などは、作業に集中するあまり、知らない内に無理な姿勢を続けている場合が多々あります。例えば包丁で食材を刻む際、キッチンの高さが低い場合は、どうしても前かがみになりますので、腰痛になりやすいのです。そこでキッチンが低い時は、調理台の上に何か台を置き、その上にまな板を乗せますと、深く前かがみにならずに済みます。台所に立っている時間は意外に長いですから、日頃から対策しておきましょう。また、お風呂掃除も腰痛を招く家事の1つです。窮屈な姿勢でゴシゴシ磨く作業が続きますので、少しでも腰が痛い時は、無理をせず控えた方が良いかもしれません。ですが、そうも言っていられないという場合は、柄の長いモップが便利です。浴槽の隅も綺麗にできるため、お風呂掃除が楽になります。そして浴室の床を磨く際は、柄の長いデッキブラシを使うと良いでしょう。同様に立ったまま掃除できますから、負担が軽減され、腰痛対策になります。一方、腰が痛くて立っていることが辛い時は、腰痛ベルトがおすすめの対策です。とりわけプレートが内蔵されているタイプなら、臀部から腰にかけて、両手でサポートするような感覚で支えてくれますので、安定感があります。